フューリーが人気~!ブラッド

そんな良作でした。/やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー"の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていく。↓ラストが、見た者しか分からない顛末です。

これっ!

2017年11月08日 ランキング上位商品↑

フューリー ブラッドフューリー 【Blu-ray】 [ ブラッド・ピット ]

詳しくはこちら b y 楽 天

戦車の戦争映画です。買って損はないと思います。十分楽しめましたが、余り後味の良い物では無かったです。【ストーリー】1945年4月!戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに!戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。ブラッドピットの演技は最高です。たった一輌の戦車でドイツの大軍と戦った5人の男たちは、なぜ自ら死を意味する任務に挑んだのかー。まだ観ていませんがブラピが製作総指揮をした映画なので楽しみですね。/新人のノーマンは!想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。内容には戦車戦の作戦など実際とは ? となる部分もありましたが楽しめました。また見て彼はウルウルすることでしょう低価格で購入でき、良かったです。仲間たちをみててもう絶好調にウルウル。一度レンタルして確認してから!こちらを購入。ドイツ軍は第二次世界大戦中,最強戦車と言われたティーガーがあります(劇中,実際に第二次世界大戦で使用されたティーガーが使われています)おぞましい戦争は繰り返してはならない事だというメッセージは伝わって来ますが,いくら映画とはいえ戦い方がありえません(^^;)映画パールハーバーでもありえないシーンがありましたが,クライマックスが残念な感じの作品です。うちの伴侶が最後のシーンで、ウルウル。/1945年4月ーーたった5人で!300人のドイツ軍に挑んだ男たち。。そのフューリーと5人の兵士で300人のドイツ軍を相手にします。戦に成れば、皆、あんなふうになるのかなぁ?フューリーとはなんぞやというとアメリカ軍の戦車の名称です。【解説】胸が熱く滾る(たぎる)傑作。迫力があって、良かった。新兵を逃がす【彼】。